The Usupon Journal

Today's event. Thing that came to want. About news etc.

<< マンガみたいな書棚 | THE BEST OF SoulTrain >>

新世界より 貴志祐介

今日から読み始めた文庫、貴志祐介『新世界より』。
ここは汚れなき理想郷のはずだった。
1000年後の日本。伝説。消える子供たち。
著者頂点をきわめる、3年半ぶり書き下ろし長編小説!
子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。
いつわりの共同体が隠しているものとは――。何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる!

第29回日本SF大賞受賞

1000年後…っていうのが想像もつかなくて、この一文が書いてあっただけで買い!

文庫版なんで上中下の3冊、それも1冊500ページくらいあるから読み応えはあるだろね。
アッ!という間に読める事を期待。


Books | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

本読みの記録  at 2011/01/29 10:16 PM
得体の知れない恐怖:新世界より
新世界より(上) (講談社文庫)作者: 貴志 祐介出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/01/14メディア: 文庫 新世界より(中) (講談社文庫)作者: 貴志 祐介出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/01/14メディア: 文庫 新世界より(下) (講談社文庫)作者: 貴志 祐介
Trackback url: