The Usupon Journal

Today's event. Thing that came to want. About news etc.

簡易ハンモックチェア




組み立て式のポータブルキャンプチェア。

足やフレームを組み立て、座面や背もたれとなる部分の布を吊るす…。
この“吊るす”というシステムが新しい。

吊ることにより、支点が一点に集中し、心地良さそうな“ユラユラ感”が味わえる。
キャンプとは言わず、家のベランダにも装備しておきたい逸品。
難点は、収納サイズが若干大きい事か?





$220


buy [REI]


Thing that came to want. | comments(0) | trackbacks(0)

クォリティが高すぎて…

ハロウィンも近いが、買って帰ってかみさんにどやされる代物ナンバーワンw


¥493,210


buy [Etsy] 閲覧注意!


Strange things | comments(0) | trackbacks(0)

ゴツいTIFFANY



1837年から続くニューヨーク生まれの老舗ラグジュアリージュエラー〈TIFFANY(ティファニー)〉が、最新のジュエリーコレクション“TIFFANY HARDWEAR(ティファニー ハードウェア)”の魅力を存分に体験出来るポップアップストアをオープンする。HBより

華奢で清楚なイメージのティファニーからの新ライン、『TIFFANY HARDWEAR』がイカしてる。
シンプルながら鋲や鎖をモチーフにし、ハードでありながら適度に丸みを帯びているので、女性が身に着けたらかなりカッコいい。

10月20日(金)より東京・表参道の『BA-TSU ART GALLERY』で開催されるこのポップアップストア『TIFFANY HARDWEAR × TOKYO』で出会えるらしいので、興味のある方は訪ねてみては?

TIFFANY HARDWEAR × TOKYO @ BA-TSU ART GALLERY

住所:東京都渋谷区神宮前 5-11-5
会期:10月20 日(金)〜11月5日(日)
時間:12:00-20:00
※営業時間は日によって異なる場合あり
※参加・入場無料


Excellent design | comments(0) | trackbacks(0)

偽皺




家庭向けにワインをストックしておけるキャビネットなのだが…

まず扉。
表面が張力を持たせた柔らかい布(?)で出来ている為、扉を閉めても中にあと何本ストックしてあるかが一目瞭然。

そして天板に施された皺。
この皺の頂点に今飲んでいるワインのボトルを置けば、目線がその部分に注視されるといった趣向。

白と赤の配色も可愛いし、なかなか色々考えられているね〜。





via [Santiago Rubio]


Strange things | comments(0) | trackbacks(0)

Fulton & Roark “Solid Cologne”




ノースカロライナ州ウィンストンセーレム発の男性用グルーミング用品メーカー、『Fulton & Roark』のソリッドコロンがカッコいい!

なんと言ってもメタルケースが抜群にいい。
深く刻まれたメーカー刻印と、キズあり、光沢なしのきれい過ぎないケースが男っぽい。
このケース欲しさに買っちゃいそう…
そんなことを見込んでか?リフィルもちゃっかり用意してある。

5種、$42〜$60。(リフィルは、2パックで$70)


buy [Fulton & Roark]


Thing that came to want. | comments(0) | trackbacks(0)

IKEA が他社のオンラインストアで商品販売を開始



スウェーデン発の世界最大規模の家具量販店「IKEA」が来年、サードパーティのオンラインストアで商品販売を開始する。
担当者によると、どのプラットフォームやマーケットで販売されるかの決定しておらず、同社はこのオンライン販売戦略を向こう数年間にわたり成長させていく計画だ。
販売されるウェブサイトに関しての言及はされていないが、『Amazon』や『Alibaba』が有力と思われる。 HBより


日本における実店舗の数が少なすぎるから、大本営オンラインストア対象地域以外のIKEAファンには朗報かも。


sourse


About news | comments(0) | trackbacks(0)

スピナー




公開記念であらためて作ってみようかな…
色と必要以上に付いているパトライトが好き。
#ブレードランナー2049


3,491円


buy [Amazon]


Thing that came to want. | comments(0) | trackbacks(0)

ものに当たるサービス。




価格や希望に合わせて部屋のタイプを選び、指定した部屋に到着したら、ひたすら破壊の限りを尽くすというロシア発の“破壊サービス”。

私にはとりあえず用はないけど、現代社会どこにも怒りのはけ口がない方には必要なサービスかも…。


via [Destoroyery]


Topic | comments(0) | trackbacks(0)